振袖・袴コラム

  • 和テイスト
  • お得なプラン・キャンペーンのご案内
  • 人気のあるデザイン
  • KYOYAが選ばれる7つの理由

トップページ > ブログ一覧 > 卒業式の袴レンタルの良かったことと失敗したこと

卒業式の袴レンタルの良かったことと失敗したこと

卒業式の袴レンタルの良かったことと失敗したこと

今年度の卒業式まであと半年を切りました。卒業を控えた学生さんなら卒業式で袴を着ようと考えている方も多いですよね。でも卒業式はどんな雰囲気なのか、どんなことに気をつけたらいいのか分からないという方もいるはず。そこで今回は卒業式でやってよかったこと、失敗したことを先輩の体験談からご紹介します。

私が大学の卒業式で袴をレンタルした時のことを良かったことと失敗したことをそれぞれご紹介します。袴のレンタルを検討してる方は参考にしてみてくださいね。 まず良かったことは大学でレンタルをしたので費用を抑えることができたことです。袴のレンタル、着付け、ヘアメイク、前撮り全てが一括で予約できたので予約の手間も省けた上にかなり割引もありました。成人式の着物をレンタルした人は同じところで借りるのがいいかもしれませんがそうで無い人は大学でレンタルをすることをおすすめします。手続きが断然楽です。卒業式当日は会場で着付けとヘアメイクをしてもらえました。これは大学で予約したからこそのメリットですよね。私服で会場まで移動できるので楽だし着崩れる心配もありませんでした。また着物を決めるときもわざわざ遠くまで行かなくても大学で授業の合間に決められるので時間もかかりません。

卒業式の袴レンタルの良かったことと失敗したこと

次に失敗してしまったことをご紹介します。 まず一番の失敗だったのは前撮りの時の髪型を再現してもらえなかったことです。これは美容師さんが違ったことと、前撮りの時と違い卒業式当日はヘアメイクの時間が限られていたので手の込んだ髪型をセットしてもらえなかった為です。美容院を自分で予約していれば良かったのですが着付けのついでにヘアセットだったので流れ作業のようになってしまった気がします。なので髪型はきちんと資料を用意して念入りに美容師さんに相談した方が良いです。もう一つ失敗してしまったのはそのとき着付けしてくれた方があまり上手ではなかったことです。ヘアセットのように流れ作業だったこともありますが、着付けは事前にリサーチすることができないのでそれもよくなかったかなと思います。着付けにこだわりたい人は成人式の時に着付けてもらったところを予約するのがいいと思います。 思い出に残る卒業式にするために是非参考にしてみてくださいね。

一覧に戻る

  • お問い合わせ
  • セットプラン&キャンペーン案内

TOP